2007年07月22日

喰いしん坊! 第14巻

 引き続き、こちらのコミックをご紹介。

喰いしん坊! 14巻 (14) (ニチブンコミックス)
喰いしん坊! 14巻 (14) (ニチブンコミックス)土山 しげる

日本文芸社 2007-07-09
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「喰いしん坊!」第14巻

CONTENTS
■「週刊漫画ゴラク」
 '07年3月〜'07年5月掲載分収録

【第1話】素麺勝負
【第2話】鳥飼の変貌
【第3話】暗黒時代
【第4話】挑戦
【第5話】目覚める天才
【第6話】食闘デビュー
【第7話】伝説の一戦
【第8話】鳥飼勝利
【第9話】通天閣喰い

●2007年度日本漫画家協会賞優秀賞受賞のことば

《特別読切企画》嗚呼 加賀の応援団

喰いワングランプリ
準々決勝第4試合、
錠二vs鳥飼の師弟対決!!
勝負の食材は「素麺」!!


 というわけで、ガチンコ大食いバトルの14巻。
 なにしろ今回は、まず帯がえらいことになってます。

2007年度日本漫画家協会賞
優秀賞受賞!!


 さらに裏を見ると……

映画化決定!!!!!!!!

 とまあこんな感じで、その勢いはとどまるところを知らない「喰いしん坊!」ワールド。
 もちろんこの14巻も、大食いパワー全開!

 14巻は一冊丸ごと「錠二vs鳥飼」の麺喰いバトル!

 喰いワンGPベスト4最後の椅子を賭けた、
「ハンター錠二vs鳥飼 流し素麺勝負」

 TFFのNo.1にして、満太郎の師でもある最強のフードファイター「ハンター錠二」。
 元TFFのNo.3でありながらOKFFに移籍し、過去に敗れた満太郎へのリベンジと錠二越えを狙う「麺喰いの鳥飼」。
 この二人の素麺勝負は、まさに秘技vs秘技の名勝負!

 その圧倒的な嚥下力で大量の麺を一気に啜り込む、鳥飼の「鵜喰い」
 さらに限界が近づいてからは、立ったまま一気に麺を啜り上げる「通天閣食い」を披露!

 ちなみに鳥飼の「鵜喰い」には、ちょいと面白い説がありまして。
 2chの「喰いしん坊!」スレッドで、以前から良く「鳥飼(とりかい)」を「鵜飼(うかい)」と誤記・誤読する人が多かったのですが、それが逆流して「鵜喰い」という公式設定になったと、ネット上ではまことしやかに言われています。
 まあ、編集の方も本誌のハシラで「2chでも大人気!」なんて煽ってましたから、結構本当だったりするかも知れません。

 一方錠二は、ズボンの縫い目に仕込んだマイ箸を取り出しての「二丁食い」で対抗!
 この「二丁食い」は本来、片方の箸で食べる間に、もう片方で熱い麺を持ち上げ冷ます、ハンター錠二の代名詞ともいえる得意技。
 しかし今回は、片方で食べる間にもう片方で余分な水分を飛ばす、という応用を利かせています。

 錠二がここまで必死になるのも当然。
 なぜなら錠二はかつて一度だけ、鳥飼に「素麺」で敗れているのです!
 その「伝説の一戦」が、鳥飼の回想として描かれる「3年前の素麺勝負」
 かつて引きこもりだった鳥飼が、錠二と出会いプロのフードファイターを志すきっかけとなった一戦。

 そして今、この喰いワンで3年前の再現となるか。あるいは錠二がリベンジを果たすのか。
 まさに互いの人生をかけた大食い勝負!

 あとこの巻には巻末付録として、土山先生による漫画家協会賞優秀賞受賞のコメントと、土山先生自身の大食いエピソードを綴った読切漫画が収録されています。

 丁度素麺の美味しいこの季節。
 食べる前に一読すれば、一層美味しく食べられること請け合いです。

 ……それにしても、鳥飼の「デザイン会社勤務」って設定はどうなっちゃったのかなぁ。
 やっぱ水に流しちゃったのかな? ……流し素麺だけに。

▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキング [ランキングオンライン]
人気blogランキングへ



・「喰いしん坊!」既刊をAmazonで見る
・土山しげる関連商品をAmazonで見る
人気blogランキング
posted by ジョン=ガラ at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミック edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
<<TOPへ戻る>>
COPYRIGHT © ジョン=ガラ ALL RIGHTS RESERVED.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。