2007年08月22日

すばる堂「トランスフォーマーEZコレクション」
 3.バンブルビー



バンブルビー ビークルモード

 ビークルモードは、GM社’76-’77式カマロ
 ちょっとヒンジや分割線が目立ちますが、ミニカーとしても十分成立してます。



 同封のマニュアル・カード。
 GM社のライセンス表記もびっしり。



「トランスフォーム!!」



バンブルビー ロボットモード

 肩と股関節がボールジョイントで可動。
 また、変形の都合で腕とウイングの接合部もヒンジで稼動します。
 ただし、肩の可動はウイングとの兼ね合いで、少しクセがあります。



 劇中のようにウイングを起こした状態にすると、ジョイント受けの形状の関係で肩を開くことができません。
 結果、腕周りのクリアランスはかなりタイトになるので、無理な力をかけて破損させないよう注意が必要。



 ウイングを下げると肩を開くことができるようになるため、腕周りのクリアランスが確保され、可動しやすくなります。
 どちらの状態で遊ぶかはお好みで。

 親しみやすいキャラクターで、G1世代にも人気のバンブルビー(バンブル)。
 今回の映画でも、主人公サムが最初に出会うTFとして登場し、TF側の主役として大活躍!
 EZ版はかなり簡略化がなされてますが、逆にそれがロボットとしてのカッコよさと、親しみやすい愛らしさを両立させる結果を生み、なかなかの好アイテムに仕上がっています。

人気blogランキング
posted by ジョン=ガラ at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 玩具 edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
<<TOPへ戻る>>
COPYRIGHT © ジョン=ガラ ALL RIGHTS RESERVED.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。